PR

ニュース コラム

【津田俊樹のスポーツ茶論】進化するベースボール 統計学重視の流れは止められない

Messenger

 ボールパークに二刀流が輝く。白刃一閃(いっせん)、切れ味の鋭さに息をのみ、高みをめざす若武者がいる。米大リーグ、エンゼルスで投打に活躍する大谷翔平。記録を塗り替え、記憶に残る選手として球史に足跡を刻もうとしている。

 選手の評価は何で決まるのか。監督、コーチのさじ加減によるなら、選手は納得しない。投手は勝ち星、奪三振、防御率、打者は打率、本塁打、打点が基本になるが、試合展開によっては記録にならないプレーで勝敗が決まることがある。大リーグでは、選手の貢献度をできる限り数値化しようと、新たな判断基準が生まれている。

                □   □

 その一つ「WHIP(Walks plus Hits per Inning Pitched)」を紹介する。投手が1イニングに何人のランナーを出塁させたかを表す数値で、被安打と与えた四球の合計を投球回数で割る。死球と失策による出塁は除かれる。1・00未満ならトップクラスとなる。

 今シーズンの日本人先発投手陣をみると、大谷は1・18(防御率4・10)、ヤンキースの田中将大は1・00(4・39)、カブスのダルビッシュ有は1・57(6・00)、ドジャースの前田健太は1・40(4・02)=記録は日本時間7日現在。

 WHIPは分かりやすいがシンプル過ぎるといわれる。より複雑な指標として、代替選手に比べてどれだけチームの勝利に貢献したかを示す「WAR(Wins Above Replacement)」というデータがある。さまざまな角度から集めて球団側と代理人の契約交渉のテーブルに上げられる。

                □   □

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ