PR

ニュース コラム

【日曜に書く】高まるネットの存在感…「電力」を夢見る放送改革 論説委員・井伊重之

Messenger

 こうした分離論に対し、次期民放連会長に内定している日本テレビ放送網の大久保好男社長は「番組制作の自由度がなくなり、災害放送やスポーツ中継の延長時の放送などもしにくくなる」と反対姿勢を強めている。

 日本における放送と通信の融合の行方は不透明だが、海外と見比べて制度改革をいくら論じても、視聴者から支持される優良なコンテンツを提供できなければ、メディアとして生き残れないのはテレビもネットも同じだ。そのことも忘れてもらいたくない。(いい しげゆき)

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ