PR

ニュース コラム

【日曜に書く】高まるネットの存在感…「電力」を夢見る放送改革 論説委員・井伊重之

Messenger

 政府の規制改革推進会議が放送制度改革の本格的な検討を始めた。その主題は、過去に何度も浮かんでは消えた「通信と放送の融合」である。とくに最近はインターネットメディアの存在感が急速に高まっており、その中でテレビのあり方をどのように見直すのかが焦点となっている。放送に政治的な中立などを求めた「放送法4条」の撤廃論まで飛び出し、大きな論争に発展している。

「放送法4条」撤廃論も

 通信環境が整備され、ネットによる動画配信や生中継が手軽に視聴できるようになった。若年世代ではテレビとネットを併用して見る人も多い。様変わりする視聴スタイルを背景にして、テレビなど放送に対する規制を廃してネットなどの通信と同じ土俵で競い合わせる。そうして世界で勝てるコンテンツ産業を育てようというのが規制改革会議の狙いである。

 しかし、この制度改革は主にソフト関連産業の育成という産業政策として検討が進んでいる。そこには公共の福祉や公益性の確保など、放送に課せられた役割をどう考えるかという視点が欠けている。放送局に対する外資規制の撤廃なども含め、民放業界だけでなく、政府・与党からも強い反対論が相次いでいるのはこのためだ。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ