産経ニュース

【主張】財務省とセクハラ 調査結果は不十分である

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
財務省とセクハラ 調査結果は不十分である

 福田氏は当初、財務省の聴取に飲食の事実も否定していたはずだ。虚偽の証言をしていたことになる。これを聴取結果として一方的に公表していた財務省の責任も改めて問われる。

 本人が否定したままセクハラ行為があったとの認定に至る説明も不十分である。調査が尽くされたとは到底、言い難い。

 財務省は調査終了の理由に、被害者の二次被害拡大の恐れや、被害女性が所属するテレビ朝日側が調査への協力に慎重であることを挙げた。一方でテレ朝は、詳細な調査の継続と、福田氏本人の謝罪を求める談話を発表した。

 この矛盾を、どう理解すればいいのか。そこで提案がある。テレ朝から情報提供を得られないのであれば、財務省が調査結果をテレ朝に提供してはどうか。

 被害女性の人権保護についてはテレ朝が責任を持ち、自社の記者が受けたセクハラ被害について抗議も報道もできなかった反省についても検証する。財務省が福田氏の人権を盾にこれを拒むなら、テレ朝側への情報提供の申し入れがいかに理不尽か分かるだろう。

「ニュース」のランキング