PR

ニュース コラム

【オリンピズム】嘉納治五郎と幻の東京大会(4)武道精神と五輪精神の融合を

Messenger

 「オリンピックを真に世界的な文化にする」-。1940年東京五輪開催の意義をこう説いた嘉納治五郎にとって、その意味とは講道館柔道により形成された武道的精神をオリンピック精神に組み入れることだった。

 嘉納が柔術に興味を持つようになったのは、13歳で東京外国語学校英語部に入学する前後だったようだ。体格に恵まれていなかった嘉納(成人時でも158センチ、58キロ)は、強くなりたいと、生来の負けん気から柔術を学ぼうと決心する。東京大学入学後に父の許しを得て修行を積み、いくつかの流派を学んだ後に、柔術に工夫を加えれば、武術のほかに「知育、徳育、体育として社会的にも有意義なものになる」と考えた。そうして1882年に創設したのが「柔道」だった。

 前年の81年に東大文学部(政治学と経済学を専攻)を卒業し、さらに人間の内面的な発達に関心を持ち、文学部哲学科で倫理学の研究を1年間続けた直後のことだった。また柔道創設の年には学習院の教員に就任しており、以降、学習院の教頭を経て第五高等中学校、第一高等中学校、そして高等師範学校長として教育に携わっていく。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ