PR

ニュース コラム

【目線~読者から】歴史戦・孔子学院「ここまで増えている現実に、底知れぬ恐ろしさと激しい怒り」(4月10~18日)

Messenger

 たまたま12日付1面に並んだニュースは「防衛省ОBにサイバー攻撃 中国関与か、情報流出恐れ」。「連日、森友問題、加計(かけ)問題の報道ばかりで辟易(へきえき)していたのですが、たまたま産経を見て、ある意味、ホッとしました。世界はどんどん変化しています。他と違う観点からニュースを伝えてくれることに感謝します」(東京都、60代女性)

 米朝首脳会談が5月か6月に予定されていることで、日本人拉致問題解決に向けた期待感も。11日付主張「拉致問題 家族の思い胸に交渉せよ」には《政治家はもちろんのこと、全ての国民が、両親の思いを共有すべきである》という一文について「『新聞、テレビも』が抜けています。本日、森友、加計、イラク日報ばかり…。政争に没頭する国会を批判する報道もない。日本は北朝鮮問題、非常事態に対する準備はできているのでしょうか」(男性)との声も。

 「年間の休刊日を教えて」と都内の75歳女性。お尋ねすると「新聞がないと寂しいです。1年間にどれだけあるのか知りたくて」。新聞を楽しみにされていることに、元気づけられました。今年は来月以降、5月6日、6月10日、7月8日、8月12日、9月9日、10月8日、11月11日、12月9日の翌日の朝刊がお休みに。なお、僚紙サンケイスポーツは即売で特別版を発行します。(読者サービスグループ)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ