PR

ニュース コラム

【産経抄】4月20日

Messenger

 防衛大学校は当初、保安大学校として昭和27年に開校した。当時の吉田茂首相に招聘(しょうへい)され、初代校長を務めたのが槇智雄(ともお)氏である。オックスフォード大学への留学経験もある政治学者の槇氏は、自由と規律を重んじ、学生に「紳士たれ」と説いた。

 ▼防衛省統合幕僚監部の3等空佐が、民進党の小西洋之参院議員に暴言を吐いた。路上で小西氏に対し、「お前は国民の敵だ」と繰り返し罵声を浴びせたという。槇氏の教えに反する愚行であり、弁解の余地はない。小西氏は「身の毛がよだつ話だ」と憤る。「槇イズム」が染みついているはずの制服組トップ、河野克俊統合幕僚長が、ただちに謝罪したのは当然だった。

 ▼河野氏といえば昨年、安倍晋三首相の憲法9条に自衛隊を明記する提案について、「ありがたい」と述べただけで、野党や一部メディアから批判された。「一自衛官として」と、わざわざ個人的な感想とことわっているにもかかわらずである。

 ▼今回の3等空佐の暴言については、昭和7年に海軍青年将校らが当時の犬養毅首相を暗殺した五・一五事件まで持ち出して、民主主義の危機を訴える新聞まである。小西氏のツイッターでの発言はさらに過激である。「この事件の責任を取り、小野寺(五典防衛)大臣と河野統合幕僚長が即刻辞職しない限り、将来日本に自衛隊によるクーデターが起きるだろう」。

 ▼小西氏によれば「論評に値しない記事が多数」の小紙で、こんな記事を見つけた。「憲法を何も分からない首相と、それを支える外務官僚を中心とした狂信的な官僚集団」。平成27年3月の参院予算委員会での、安倍首相に対する小西氏の発言である。

 ▼「紳士たれ」の教えは、国会議員にもあてはまるのではないか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ