PR

ニュース コラム

【正論】シリア攻撃で北は何を学んだか キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・宮家邦彦

宮家邦彦氏
Messenger

 4月13日夜、トランプ氏は対シリア攻撃を命令した。9日には「今後24~48時間以内に決断」と述べている。結果的に2日遅れの決定となったが、この遅延の意味は何だろう。今回は限られた情報の中から、トランプ政権が対象を化学兵器施設に限定する小規模攻撃を選んだ理由と、それが北朝鮮問題に及ぼす影響を考える。

 ロシアとの全面戦争は回避

 筆者の見立ては次の通りだ。

 ○攻撃以外の選択肢はない

 口から泡を吹く幼女の悲惨な映像が再び全世界に流れた以上、昨年4月に対シリア攻撃を命令したトランプ氏に今回「攻撃しない」選択肢はなかった。これが9日に早期攻撃を示唆した理由だ。

 ○最も簡単な手段は限定攻撃

 早く結果を示したいなら、昨年同様、トマホークによるシリア化学兵器関連施設攻撃が最も手っ取り早い。にもかかわらず決断が2日遅れたのは、恐らく大統領自身が、昨年のような限定攻撃ではなく、より大規模な攻撃を考えていたからだろう。その場合、シリアに駐留するロシアやイランの空軍施設までもが攻撃対象となる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ