産経ニュース

【清水満のスポーツ茶論】プロ野球と男子ゴルフに見る、プロフェッショナルなファン対応 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【清水満のスポーツ茶論】
プロ野球と男子ゴルフに見る、プロフェッショナルなファン対応 

10日の巨人戦で100セーブを達成したDeNAの山崎康晃=東京ドーム(撮影・今野顕) 10日の巨人戦で100セーブを達成したDeNAの山崎康晃=東京ドーム(撮影・今野顕)

 会長就任以来、いろんな人に意見を聞いた。日本男子ゴルファーのイメージは世間から見れば、決して良くなかったことを知った。

 「たとえ僕が悪者になってもいいと思っている。主張します。とにかく変えていかなきゃ…」

 選手の意識向上こそ石川の決意なのである。

                □   □

 07年、彗星(すいせい)のごとく現れてツアー優勝。救世主になった。6年ぶりに日本ツアーに戻って、今度は重責を背負わされたが、他に候補者はいない。“プロフェッショナルなファン対応”を背中で見せるしかない。ちょっと気の毒な気もするが、それも宿命なのかもしれない。

 冒頭でDeNA・山崎の信念を書いた。しかし、よくよく考えればプロとしては当たり前な思考である。石川が言っていた。

 「ファンが来てくれなければ、僕らはただのゴルフがうまい男の集団なんです。それではダメでしょ」

 おっしゃる通りである。

関連ニュース

「ニュース」のランキング