PR

ニュース コラム

【清水満のスポーツ茶論】プロ野球と男子ゴルフに見る、プロフェッショナルなファン対応 

Messenger

                □   □

 同じプロスポーツ。男子ゴルフでは、深刻なファン離れに危機感を持った男がいた。石川遼(26)。今季から史上最年少で選手会長に就任した。

 先週「東建ホームメイトカップ」(三重)でやっと国内ツアーが開幕。選手会長は、(1)選手に積極的にサインを促す(2)ギャラリーの前での公開選手インタビュー(3)土曜日のプロアマ開催…。新企画を披露したが、プロローグにすぎない。真の主張は別にあった。

 「一番に力を入れたいのは選手の意識向上です。これがないとファンサービスは成り立たないんです」

 残念ながら過去、何度となく嫌な光景を見た。

 ある日、選手にチビっ子ファンが駆け寄って色紙を差し出した。するとブスッとした表情を見せ、色紙を手で払いのけた。悲しそうな顔のチビっ子がいた。

 またあるとき、ファンを振り切り、ダッシュしてクラブハウスへ戻る選手、ファンの存在に気づかぬふりをする者、仮にサインに応じても視線を合わさないことも…。いずれもスコアが悪かった選手たちのシーンだが、何ともやるせない。

 ごく一部の愚かな行為も朱に交われば赤くなるがごとく、全体のイメージを下落させる。

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ