PR

ニュース コラム

【主張】加計文書 一体どちらが真実なのか

Messenger

 安倍晋三政権の国家戦略特区に基づく学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、地元である愛媛県から出てきた文書と政権側の言い分が食い違う事態となった。

 獣医学部新設に関して愛媛県職員が作った平成27年4月の面会の備忘録に、当時の柳瀬唯夫首相秘書官(現経済産業審議官)が「首相案件」と語ったとする記載があった。

 柳瀬氏は面会については「記憶の限りではお会いしたことはない」とし、首相案件と述べたことは「あり得ない」と否定した。

 首相は11日の衆院予算委員会で再調査の考えを示した。これに先立ち、菅義偉官房長官は各府省庁に関係文書の確認を命じた。

 北朝鮮問題への対応などで正念場を迎えるときに、政権の信頼を損なう事案を放置することは許されない。首相は経緯の説明など真摯(しんし)に努めるべきだ。

 備忘録には「先日安倍首相と同学園理事長が会食した際に、下村(博文)文部科学相(当時)が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があった」との記述もあった。

 下村氏は自身がしたとされる発言を否定した。

 一体、何が本当なのか。国民は戸惑うばかりである。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ