PR

ニュース コラム

【編集局から】教科書に皮肉な波及

Messenger

 交流サイト(SNS)フェイスブックの利用者約20億人の大半が最近まで、情報を悪用される危険にさらされていたことが明らかになりました(6日付2面)。やはり、ネットの世界で100%の信用は禁物。一定のリスクを意識しながら利用しなければならないということでしょう。

 来年度から使用される中学校の道徳教科書の教科書会社には、ネットを信頼しきっていた人がいたのでしょうか。先月発表された検定結果では、一部教科書で、管理者が不明瞭なサイトから著名人の名言を引用していたことなどに意見がつき、会社側が修正したことが分かりました。

 少し皮肉っぽくなりますが、こうしたネット社会を反映して、今回の道徳教科書では、SNSの利用マナーを学ぶ内容が目立ちました。ネットで暮らしはどんどん便利になる一方で、影も広がっています。その両面をしっかりと伝えていきます。(編集局次長兼社会部長 三笠博志)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ