PR

ニュース コラム

【オリンピズム】嘉納治五郎と幻の東京大会(1) 「アジア初」は信頼と尊敬の証し

アジアで初めてIOC委員に就任した嘉納治五郎
Messenger

 「日本のオリンピック代表 嘉納博士逝去す」-。1938年5月4日、ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙には、こうした見出しとともに写真入りで嘉納の訃報が掲載された。

 「太平洋上の客船、氷川丸に乗船している日本人IOC委員 嘉納治五郎博士が、肺炎のため亡くなった。七七歳であった。彼は二カ月前のカイロでのオリンピック会議に出席し、帰国の途上であった。貴族院議員の嘉納は大日本体育協会の名誉会長でもあった」

 カイロで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会では、40年の東京大会をどうするかが話し合われることになっていた。準備の遅れと中国との戦争状況を考慮し、IOCは東京に返上を暗に促していたという。アジア初となる東京開催は危機的な状況にあった。嘉納が訴えてきた東京開催の意義からすれば、到底受け入れられない事態だった。

 「近代オリムピック設立の意志は古代オリムピックがギリシャに限っていたのに対し世界のオリムピックにすることにある。欧州と米国のみのオリムピックではない。東洋でも行わねばならないといふのが最も大きな理由で、しかも日本位熱心に大会に参加してをる国は世界中に少ないではないか」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ