PR

ニュース コラム

【産経抄】3月30日

Messenger

 第二次大戦の欧州戦線で、米陸軍テキサス大隊は窮地に陥っていた。北フランスの山中でドイツ軍に包囲された大隊の救出に向かったのが、第442連隊である。

 ▼日米開戦で、日系人は収容所に送られる。不当な扱いに屈せず、「敵国人」の汚名をそそぐために志願した若者らによって、連隊は結成された。戦史に残る激戦の末、大隊211人の救出に成功する。ただし連隊の死者は216人にのぼった。日系2世フレッド・ヤマモト氏も戦死者の一人である。

 ▼少年時代を過ごしたカリフォルニア州パロアルトの中学校の校名変更にあたり、ヤマモト氏の名前も候補に挙がっていた。やはり部隊に所属してイタリア戦線で右腕を失ったダニエル・イノウエ氏は、戦後日系人初の上院議員となった。

 ▼ハワイのホノルル国際空港は昨年、イノウエ国際空港に改名されている。校名変更も実現すると思いきや、中国系住民から思わぬ横やりが入った。真珠湾攻撃を指揮した山本五十六・連合艦隊司令長官を想起させる、というのだ。

 ▼米国滞在の経験をもつ長官は、もともと対米戦争に反対だった。2年前の真珠湾攻撃75年の式典には、長官の故郷である新潟県長岡市の市長も参加している。その後、真珠湾慰霊に訪れた安倍晋三首相に対して、オバマ大統領は、442連隊を讃(たた)えつつ日米両国の和解と協調を訴えていた。

 ▼そもそもヤマモト氏と長官とは、なんの関係もない。といった道理はどうでもいい。慰安婦像を建てて日本人をおとしめる。日系人の名誉は認めない。明らかに反日活動の一環である。結局、ヤマモト氏の名前は候補から外れた。泉下の山本長官も、戦後73年にして「歴史戦」に巻き込まれようとは、夢にも思わなかっただろう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ