PR

ニュース コラム

【産経抄】3月26日

Messenger

 ▼縄文人はどんな服を着ていたのか。食と住に比べて解明が進んでいない、大きな謎に挑み続けている。そんな尾関さんが、立命館大学で文学博士の学位を授与された。88歳での博士号取得は、国内最高齢である。米寿の博士の研究意欲は、まったく衰えていない。

 ▼この機会に小欄の先輩の快挙も紹介したい。岡芳輝(よしてる)さんは、安全保障問題を担当する産経新聞の論説委員だった。退職後、古希を目前にしてウィーン大学に単身留学を果たす。研究活動は13年4カ月にも及んだ。83歳で博士号を取得して、今年1月に帰国した。炊事、洗濯をこなしながら書き上げた博士論文のテーマは、「自衛隊の組織論的研究」である。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ