PR

ニュース コラム

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(11)「赤化・北朝鮮」に残された邦人 家族と引き裂かれ友は殺された

Messenger

前のニュース

 北朝鮮の初代最高権力者、金日成(キム・イルソン)が初めて公に朝鮮の民衆の前に姿を見せたのは、終戦直後の1945年10月14日、平壌で開かれた集会でのことだった。当時、33歳。伝説の抗日の闘士「キム・イルソン」の登場を待ちわびていた数万の民衆は、あまりの若さを訝(いぶか)しがり、「偽者じゃないか」と騒ぎになったのは有名な話である。

 金日成は、朝鮮半島の北半分を占領したソ連(当時)によって“仕立てられた”リーダーだった。だが金は、ソ連派、中国派、国内派(南労党派)などの政敵を次々と粛清・排除し、次第に唯一無二の独裁体制を固めてゆく。日帝の軍隊をさんざん打ち破った“百戦百勝の鋼鉄の霊将”などと神格化を図り、社会主義にはあるまじき「三代世襲」を正当化する荒唐無稽な物語が紡がれた…。

 金日成が登場したころ、朝鮮の北半分には、30万人を超える日本人がいた。技術者や工場労働者も多い。朝鮮半島の南半分が「農」中心の地域とすれば、北は「鉱工業」の地域であったからである。

 朝鮮と満州(現中国東北部)の境を流れる鴨緑江水系の電源開発を進め、当時、東洋一と謳(うた)われた水豊ダム(発電容量70万キロワット)などを建設。その電力を利用して、やはり東洋一の化学コンビナート、興南工場がつくられた。さらに、戦前の日本の最高水準の技術・人員を投入して多くの鉱山、工場が北半分で開発・建設されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ