PR

ニュース コラム

【中江有里の直球&曲球】徳川慶喜の大坂城脱出に思う明治維新150年

Messenger

 明治維新150年の節目を迎えた今年、各地で展覧会やイベントが開催されている。

 その前年の慶応3(1867)年の大政奉還・王政復古の大号令が出た後、江戸幕府の最後の牙城となった大坂城で起きた出来事を体感するイベントに参加した。

 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜は大政奉還後、同年12月大坂城に入り、イギリス、オランダ、フランス、アメリカなどの公使と会見している。しかし年が明けた慶応4年、鳥羽・伏見の戦いにおける旧幕府軍の劣勢の報告を受けた1月6日の晩、慶喜はわずかな側近を連れて大坂城を脱出。この脱出ルートをたどるというツアーイベントだ。

 大阪は地図で見ると大阪城近くには寝屋川、堂島川、土佐堀川、大川など川が多い。まさに水の都。学芸員の説明を聴きながら慶喜がたどったであろう経路を選んで城外に出ると、八軒家浜船着場まで徒歩で向かった。

 『徳川慶喜公伝』によると慶喜は八軒家から川舟で天保山まで行き、大坂湾内に停泊していたアメリカ軍艦に乗り、最終的に幕府の軍艦開陽丸で江戸へ向かったという。

 参加したツアーは水上バスを利用した。時間の都合上、天保山までは行かず途中で折り返したが、それでも大阪城港に戻るまでに1時間以上要した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ