産経ニュース

【オリンピズム】メルボルンの風(中)負けたらどう弁解したらいいか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
メルボルンの風(中)負けたらどう弁解したらいいか

勝った方が五輪出場となる決戦で京大(手前)を追う慶大=1956年8月12日、埼玉県戸田市の戸田ボートコース(岩崎洋三氏提供) 勝った方が五輪出場となる決戦で京大(手前)を追う慶大=1956年8月12日、埼玉県戸田市の戸田ボートコース(岩崎洋三氏提供)

 メルボルン五輪の日本代表を目指す慶大クルーの戦いは1952年のヘルシンキ五輪にさかのぼる。このときのメンバーもエイト種目で代表の座を勝ち取ったが、予算の問題から4人乗りのフォアに削減された。エイトでの出場はそれ以来の悲願だった。

 しかし、その後、相次ぐ敗北でどん底にあえぐ。そこに登場したのが新監督の衣非(えび)宏だった。運動選手の基本に立ち返り、陸上での練習を取り入れて、筋力、持久力、柔軟性を徹底的に教え込む。「船に座っていればいいからボート部に入った」と話す先輩なら聞いて逃げ出したはずだ。

 次にこぎ方の改革。オールを水から抜く瞬間に力を入れていたのを、オールを水に入れるときに力点をおく漕法(そうほう)に変えた。しかも柔らかく無駄のない体の動きを教える。

 五輪代表は当時、大学ごとに争っていた。慶大がメルボルン五輪に出場するには、全日本選手権大会の予選トーナメント4試合を勝ち上がり、決勝リーグですでにシードされている東大、京大、一橋大の3校との総当たり戦で優勝しなければならなかった。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング