PR

ニュース コラム

【主張】東日本大震災7年 「未来の命」をしかと守れ 教訓を語り継ぐのが大切だ

Messenger

 春の柔らかな日差しを待ちわびる海や川、町があり、そこで暮らす人々のいつも通りの生活があった。そんな日常があの日、激しい揺れと大津波で一瞬に非日常へと引きずり込まれた。死者・行方不明者は1万8434人に上る。

 東日本大震災から7年がたった。どれだけ時を刻もうとも、「3・11」が鎮魂の日であり、大切な肉親を失った遺族の悲しみや、いまなお生活再建への足がかりをつかめていない被災者の苦しみに、改めて思いを寄せる日でもあることに変わりはない。

 ≪生まれてくる人たちに≫

 一方で、震災の記憶の風化を懸念する声が起きている。

 地域によって違いはあるものの、港湾の整備や復興住宅の建設など復興が目に見えてきたところは多い。だがそれは同時に、震災の痕跡が見えにくくなり、記憶が薄らぐことにもつながる。

 復興が一面で記憶の風化を促す。これが現実なのだとしたら、この現実をどう乗り越え、震災の記憶と教訓をいかに伝えていくかが、被災地のみならず、自然災害が多発する日本全体にとっても極めて重要な課題となる。

 町民の8%以上が犠牲となった宮城県女川町で、女川中学校の卒業生が在校時から進めている「女川いのちの石碑」づくりに注目したい。町内21カ所の津波到達点近くに各1基の石碑を建てる計画で、5年前に校内に1基目を建てて以来、設置は既に16基を数える。1千万円の費用も生徒自らが集め、地域の絆が後押しした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ