PR

ニュース コラム

【主張】アカデミー賞 夢を追い世界にはばたけ

Messenger

 米映画界最大の栄誉、アカデミー賞のメーキャップ&ヘアスタイリング賞を、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」の辻一弘さんが受賞した。同賞を日本人が受賞するのは初めてである。

 辻さんは授賞式で「キャスト、クルー、家族、友人、全員の夢がかなった瞬間です」と話した。

 京都市出身の辻さんは、小学生のときに見た「スター・ウォーズ」で映画に興味を持ち、高校時代にハリウッドの特殊メーク技術に魅せられたのだという。

 卒業時の進路相談では「大学には行きません。映画メークの世界に行きたい」と話し、独学で技術を学んで20代で米国に渡った。その後、多くの作品を手がけ、2007、08年にもアカデミー賞にノミネートされていた。

 「チャーチル」には、この映画で同賞の主演男優賞を受賞した名優、ゲイリー・オールドマンから「あなたがメークをやらないのなら、この映画は作らない」と口説かれて参加したのだという。

 コンピューターグラフィックス(CG)全盛の時代に、究極のアナログ技術であるメーキャップの腕が買われたところにも値打ちがある。辻さんが、夢を追った末の栄誉である。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ