産経ニュース

【主張】慰安婦問題 合意破りは外交の破壊だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
慰安婦問題 合意破りは外交の破壊だ

 合意が解決に不十分と言い張るのは、問題の単なる蒸し返しにすぎない。

 日本政府が資金を拠出し、両国政府が協力して慰安婦の「心の傷を癒やす措置」をとるというのが日韓合意の主眼であるはずだ。

 鄭氏は「性奴隷」という、歴史をゆがめた表現を用いて謝ろうともしない。担当する任務は「反日活動」なのかと疑いたくなる。

 極めて深刻なのは、国と国との約束事である日韓合意を履行しない姿勢を、韓国が国連機関の場でとって恥じない点だ。

 各国が条約などの国家間の約束事を順守する。それは健全な国際秩序を作る上で不可欠の前提である。政権が代わっても、責任をもって守らなくてはならない。

 それを顧みない文政権は、国際社会の普遍的な原則を踏みにじっている。国際ルールを守らない国として、韓国への世界の目は厳しさを増していくだろう。

 日本が文政権に翻意を促すのは、韓国のためでもある。

「ニュース」のランキング