PR

ニュース コラム

【思ふことあり】目の前にあることに全力、平昌五輪「金」の羽生結弦さんには敬服した スポーツジャーナリスト・増田明美

Messenger

 平昌(ピョンチャン)オリンピックをほぼ毎日テレビで観戦。やはり五輪はテレビで見るのが面白い。夏の五輪は中継のために現地に行くが、現地では自分が解説する競技しかみられない。夜にホテルでテレビをつけても自国選手が活躍する競技ばかりが取り上げられるため、日本選手の活躍はネットのニュースで知るのみ。それに対し、日本でテレビ観戦していると、全体の競技が分かり、各局のキャスターの顔ぶれも豪華でわくわくする。

 その中で、織田信成さんの“素”がいい。競技の解説は的確だし、羽生結弦さんの金メダルに、感動のあまり涙をあふれさせてしまった。心のひだが豊かな人なのだと思う。

 それにしても羽生さんには敬服した。2カ月間、氷上に立てず、五輪がほぼぶっつけ本番。さすがに今回は厳しいかと思っていたが、見事に2大会連続の金メダルを獲得した。

 滑れなかった間はリハビリやエルゴメーター(自転車漕(こ)ぎ)、イメージトレーニングなどを行っていたようだ。そのとき、「今を貫く」という言葉を大切にしていたと、インタビューで話していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ