産経ニュース

【中江有里の直球&曲球】図書館と書店は本を守り、読者育成という立場では同じ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【中江有里の直球&曲球】
図書館と書店は本を守り、読者育成という立場では同じ

芥川賞受賞を記念して手づくりの横断幕を掲げる遠野市立図書館の職員ら=岩手県遠野市(石田征広撮影) 芥川賞受賞を記念して手づくりの横断幕を掲げる遠野市立図書館の職員ら=岩手県遠野市(石田征広撮影)

 図書館と書店は一見敵対関係に見えるが、本を守り、読者を育てていくという立場では同様だ。そして両者は本を読者に届ける、という意味でも非常に近い位置にいる。

 私自身、本はどれほど衰退しても全くなくなるものだとは思わない。ただし出版のビジネスモデルは変わっていくかもしれない。音楽CDが売れなくなり、ライブが大きな力を持つようになったように。これからは本を応援するもの同士が手を取り合って、次世代への文化のつなぎ方を模索していくことが課題となるだろう。

                   

【プロフィル】中江有里

 なかえ・ゆり 女優・脚本家・作家。昭和48年、大阪府出身。平成元年、芸能界デビュー、多くのテレビドラマ、映画に出演。14年、「納豆ウドン」で「BKラジオドラマ脚本懸賞」最高賞を受賞し、脚本家デビュー。フジテレビ「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。

「ニュース」のランキング