産経ニュース

【主張】首相の平昌出席 合意は変わりようがない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
首相の平昌出席 合意は変わりようがない

 文政権は、歴史問題と外交や経済関係は別などとしているが、約束を守らぬ国との信頼関係など築きようがない。

 首相訪韓に対し、自民党の外交関係の会合でも見直しを求める意見が出るなど、批判と危惧があるのは確かだ。日韓合意を履行せず、北朝鮮の五輪参加で融和に前のめりの文政権に日本が妥協したと誤って受け取られかねない。

 安倍首相は批判を承知で行く以上、文氏の態度を変えさせる強いメッセージを発しなければなるまい。腰の定まらない外交姿勢では足元をみられる。

 同時期に訪韓する米国のペンス副大統領が開会式前に来日する。歩調を合わせ、北朝鮮の核・ミサイル開発を放棄させるのにいま必要なのは、圧力の強化であると文氏に説くべきだ。

 北朝鮮は日米韓の連携を崩すのを狙っている。美女応援団に喜んでいる場合ではない。

「ニュース」のランキング