産経ニュース

【オリンピズム】冷たい戦いを超えて(14)参加できなくてもかまわない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
冷たい戦いを超えて(14)参加できなくてもかまわない

キラニンIOC会長と握手する宋中氏=1979年10月、名古屋市内のホテル キラニンIOC会長と握手する宋中氏=1979年10月、名古屋市内のホテル

 「参加したいが、複雑な問題がある。参加できなくなってもかまわない」。1980年1月、モスクワ五輪のボイコットを求める声が高まり、中国の体育協会にあたる中華全国体育総会の秘書長はモスクワ五輪の参加について、こんな談話を発表した。国際オリンピック委員会(IOC)への復帰がようやく認められた直後のことだった。

 中国は戦前、中華民国として五輪に参加したが、中華人民共和国としては初参加となった52年のヘルシンキ五輪を最後に、84年のロサンゼルス五輪で復帰するまで、7大会で欠場した。台湾との「二つの中国」をめぐる問題でIOCの態度に不信感を抱き、IOCを脱退したためだ。

 それが79年になって動く。IOCの投票で中国の復帰が決まり、モスクワ五輪の参加が可能になった。中国当局は記者会見を開き、IOCに感謝すると、その勢いで、台湾に「IOCの決定を受け入れ、ともに五輪に参加することで祖国統一の大義を促進しよう」と呼びかける。いかにも中国らしい言動であった。

続きを読む

「ニュース」のランキング