産経ニュース

【日曜に書く】相次ぐスポーツ選手の暴力 潔い敗者であってほしい 論説委員・佐野慎輔

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
相次ぐスポーツ選手の暴力 潔い敗者であってほしい 論説委員・佐野慎輔

 ジョージ・スミス容疑者(ゲッティ=共同)  ジョージ・スミス容疑者(ゲッティ=共同)

 大相撲をスポーツの範疇(はんちゅう)に置くことには、いささか違和感を覚える。だからといって、暴力や身勝手な振る舞いが許されていいはずもない。

 オリンピックの競泳銀メダリストによる暴力行為、さらにはラグビーのトップリーグに所属する元オーストラリア代表選手による強盗致傷容疑と年明け早々、嫌な話が続く。強盗致傷は論外だが、根底に強い者のおごりがありはしまいか。

スポーツは気晴らし

 「無理偏に拳骨(げんこつ)と書いて兄弟子と読ませる」。そんな社会はかつての傷害致死事件で終わりにしたはずではなかったか。体罰や暴力行為は、ルールの下に力と力をぶつけあうスポーツの世界にあってはならない。

 「スポーツの価値が問われている」。スポーツ界で不祥事が起きると必ず、この常套(じょうとう)句が登場する。カヌー競技の選手がライバル選手の飲料に禁止薬物を混入させた。ぬれぎぬを着せて仲間を陥れ、2020年東京オリンピック出場へ自分を優位に立たせようともくろむ。卑劣としか言いようはない。

 彼は日本トップクラスの選手ではあっても、トップ選手ではなかった。焦りが成績上位の、しかし、自分を慕う後輩の心の緩みにつけ込ませたのだろう。いっそう“罪”は重い。

 スポーツの語源は気晴らしであり、気分転換だとされる。面白さ、楽しさを基本に置く。そこに体と心を鍛える、競う、互いをわかりあう、チームスポーツでは協力しあうという要素がすり込まれて成り立つ。

 競うことは優勝劣敗を伴う。勝ち負けを前提としないスポーツなどあり得ない。だからこそルールやマナーを守り、卑怯(ひきょう)な振る舞いや反則は許されない。それがフェアプレーである。

続きを読む

「ニュース」のランキング