産経ニュース

【主張】NHK経営計画 公共に値する改革が先だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
NHK経営計画 公共に値する改革が先だ

 NHKが次期経営計画で、インターネットを活用した「公共メディア」への進化をうたった。

 その前にやるべきことを忘れていないか。受信料収入にあぐらをかき、組織改革をおろそかにしたまま肥大化する「進化」は願い下げだ。

 計画は、東京五輪・パラリンピックがある2020年度まで3カ年にわたるものだ。焦点だった受信料の値下げは見送り、学生への一部減免措置などで済ませた格好である。

 超高精細の4K・8Kといった新技術の放送に資金が要るという。受信料収入は過去最高を更新し、多額の余剰金がある。集めた金は使い放題という態度では「公共」を名乗る組織に値しまい。

 NHKは、平成16年に発覚したチーフプロデューサーによる巨額の制作費着服事件をはじめ、ずさんな経営体質を露呈する不祥事が相次いだ。

 根幹的な改革を迫られながら、コスト意識や企業統治(ガバナンス)の緩みが直らないのは、受信料という安定収入への甘えそのものといえよう。

 職員の人件費や子会社を含めた組織の肥大化の見直しなど、まずは足元の改革状況を具体的に示してもらいたい。

続きを読む

「ニュース」のランキング