PR

ニュース コラム

【津田俊樹のスポーツ茶論】サッカーW杯、内容でなく勝利がすべてだ

サッカーW杯ロシア大会の抽選会で、日本がH組に入ったことを示すボード。初戦でコロンビアと対戦する=12月1日、モスクワ(共同)
Messenger

 東京・丸の内のオフィス街に、昼夜を問わずビジネスパーソンでにぎわうそば屋がある。近くの商社や外資系の会社に勤めているのか、外国人の常連客が上手にそばをつまむ。伝統の味を通じての異文化交流は見ているだけでも楽しい。

 店の奥の壁に飾られた風景画の左下に小さな肖像が額装されている。「諸橋晋六さんの遺影です。ちょくちょく来ていただきました。気軽にお一人でね」と店長がしのぶ。

 三菱商事社長、会長を歴任した諸橋さんは2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)開催準備委員会副会長として世界を駆け巡り、招致活動の陣頭指揮を執る。

 大会終了後、「W杯をテーマに講演することになったので、舞台裏の話を聞かせてくれないか」と声をかけられた。洗練された立ち居振る舞い、ユーモアあふれる会話、存在感の大きさに圧倒されたのを記憶している。13年6月に90歳で旅立った。

                □   □

 今夏、W杯ロシア大会が開かれる。改めて、諸橋さんのお別れ会で配られた「不将不逆」と銘打たれた小冊子を味読してみた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ