産経ニュース

「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか

ニュース コラム

記事詳細

更新


「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか

一連の騒動で相撲人気はどうなる? 一連の騒動で相撲人気はどうなる?

 正直に言って今後、白鵬のイメージ回復は極めて難しいと言わざるを得ない。ちなみにこれだけの猛バッシングを受けながらも白鵬は26日に発表される来年初場所の番付で先場所優勝の流れをくみ、東の正位に座ることが確実だ。いくら重い処分を下したとはいえ、その白鵬を協会は今後も看板の横綱として興行を打っていかなければいけないのだ。他の力士がどれだけ頑張ったとしても世間からの厳しい目もあって土俵上に微妙な空気が漂ってしまうのは避けられないであろう。

 ようやく周囲は事の重大さに気付いたのだろうか。協会の八角理事長は事件に関連して、暴力を防げなかったとして白鵬を名指しで強く非難。さらに横審の北村正任委員長は、かち上げや張り手などを多用する白鵬の粗暴な取り口にも「横綱相撲とは到底言えない」と苦言を呈した。

白鵬を野放しにしてきた責任

 しかしながら時すでに遅しの感は否めない。ここまで白鵬を野放しにしてきた責任は誰にあるのか。今まで「大横綱」として持ち上げられていた最中でも、白鵬には言動や品格について横審から異論が出たことは何度かあったはず。そのタイミングで白鵬を厳しく指導し、正しい道へと導くことは師匠の宮城野親方も含めた協会の責務であったと考える。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか

関連ニュース

「ニュース」のランキング