産経ニュース

【正論】崩れる保守VSリベラルの対立軸 自民の「革命」乱発も不可解だ 社会学者・関西大学東京センター長・竹内洋

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
崩れる保守VSリベラルの対立軸 自民の「革命」乱発も不可解だ 社会学者・関西大学東京センター長・竹内洋

社会学者・関西大学東京センター長・竹内洋氏(栗橋隆悦撮影) 社会学者・関西大学東京センター長・竹内洋氏(栗橋隆悦撮影)

 旧世代リベラリストは右翼や軍部と闘うには不十分だったとして、共産主義にシンパシーをもつ「反・反共主義」者が自由主義者だ(『ある自由主義者への手紙』)とした。

 丸山は河合栄治郎などの戦闘的自由主義者の歴史を無視することで、リベラルのイメージを左にシフトさせたわけである。この丸山の言明は、共産党コンプレックスをもった左派シンパ層に恰好(かっこう)の立ち位置を与えた。保守の対抗軸の「リベラル」は、その記憶を元にした再生戦略だったといえよう。

 リベラル派という括りは、左派でありながらソフトにみえる。大衆向けの顔として使える。しかし、このシンボル戦略が奏功していないのは、冒頭の世論調査結果が示しているとおりである。

 このことは自民党にもいえる。現在の自民党は、「人づくり革命」や「生産性革命」など革命を連発する改革主義の印象を強めている。その良しあしは別として、「革命」という用語を振り回す保守は形容矛盾であろう。「リベラル」だけではなく、「保守」という政党のラベルも名は体を表すとはいえなくなっているのではなかろうか。(社会学者・関西大学東京センター長・竹内洋 たけうちよう)

「ニュース」のランキング