産経ニュース

【国語逍遥】(92)清湖口敏 「くずし字アプリ」 若者に倣って古文献の解読を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(92)清湖口敏 「くずし字アプリ」 若者に倣って古文献の解読を

鴨長明作『方丈記』の冒頭部。「行く川の流れは…」の書き出しはよく知られている(国立国会図書館ウェブサイトから転載) 鴨長明作『方丈記』の冒頭部。「行く川の流れは…」の書き出しはよく知られている(国立国会図書館ウェブサイトから転載)

 11月10日付で各紙が報じた今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語には、恥ずかしながら知らない言葉がたくさん交じっていた。「刀剣乱舞」もその一つで、ネットで調べてみてそれがゲームの名前であることを知ったとき、「そういえば」と頭をかすめるものがあった。「コレが例のアレだったか」…。

 実は最近、くずし字の解読に興味を覚えだした。若い頃に少しばかり書をかじり、変体仮名なども学んだはずなのだが、どうやら一向に身についていないものと思われる。

 新聞ではしばしば、龍馬や漱石といった歴史的人物の手紙などが写真で紹介され、その達筆ぶりに感銘を受けたりはするのだが、では、そこに何が書かれてあるのか解読せよといわれると、悲しいかなさっぱり読めない。古文献が今、私たち現代人にとって確実に近しい存在になりつつあるというのに、である。

 国立国会図書館や国文学研究資料館などが大量のデジタル画像をウェブ上に公開しており、わざわざ所蔵館に出向かなくともパソコン等で古人の筆跡に手軽に触れることができる。ただ、くずし字が多用された文献は、私たちが常用する文字に翻字されたテキスト類がなければ、読むのは極めて困難だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • (92)清湖口敏 「くずし字アプリ」 若者に倣って古文献の解読を

「ニュース」のランキング