産経ニュース

【上海余話】中国のネットオークションにーボーイング747型機が出品…落札!

ニュース コラム

記事詳細

更新

【上海余話】
中国のネットオークションにーボーイング747型機が出品…落札!

ボーイング747型機 ボーイング747型機

 中国のネットオークションに、なんとボーイング747型機が出品され、2機が総額約3億2千万元(約55億円)で落札された。

 経営破綻した中国の航空貨物会社「翡翠航空」の資産処分がうまくいかず、考えあぐねた広東省深センの裁判所が、747をアリババのサイトに出品させた。相場から3割引きの出品が奏功したのか、同業の「順豊航空」が落札。ネット上の巨額取引が成立した。

 7億人以上がネットを利用する中国では、企業や個人の買い手の数、購買力の裾野があまりにも広い。アリババが11月に行った1日限りの通販大セールでは、取引総額が昨年から39%増えて1683億元(約2兆8850億円)に達した。中国メディアは「アイスランドの国内総生産(GDP)規模をたった1日で超えた」とはしゃいだ。

 規模や大きさが話題になるのは、経済成長期の過程の一つなのか。日本でも昭和40年代に、「大きいことはいいことだ」と歌うチョコレートのCMが流行した。だが、バブル崩壊を経て「質」こそが問われるようになり、大きさを誇ることは時代遅れになった。

 1人当たりGDPでアイスランドの9分の1、日本の5分の1にすぎない中国が「質」を求める日はいつ来るのか。(河崎真澄)

「ニュース」のランキング