産経ニュース

【野口健の直球&曲球】有権者に「惚れられない」政治家は不要 「風」ほど不確かなものはない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【野口健の直球&曲球】
有権者に「惚れられない」政治家は不要 「風」ほど不確かなものはない

野口健さん 野口健さん

 選挙が近づくと「投票に行こう」「関心を持とう」といった声をよく耳にするが、この国の難しいところは政治に関し積極的に発言をしたり、応援演説などを行うと周囲がサーっと引くこと。例えばテレビ番組の出演が取り消しになったり、スポンサー企業が離れていったりすることもある。

 アメリカの大統領選ではハリウッドスターやトップアスリートたちがどの候補者を応援するのか注目される。中には候補者の選挙公報ビデオに出演するスターたちの姿もある。

 確かにある政党なり候補者を応援するということは、時に意見の対立が生まれる。しかし、それは社会に対する関心があるからこそ。一番いけないのは「社会に対し無関心」なことだ。

 今まで何度か選挙の時に応援演説を行ってきたが、返り血も浴びる。ネットの掲示板では誹謗(ひぼう)中傷の言葉が並ぶし、仕事を失ったことも。どんなに強がってみても心の中では「痛いな~」と感じるものだ。それでも「日本にとって必要な人だ」という気持ちが勝れば応援演説などを行ってきた。惚(ほ)れなきゃ応援などできないのだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング