産経ニュース

【社説検証】(2)拉致 産経「全員帰国の決意新た」 読売 トランプ氏の国連演説「意義は大きい」

ニュース コラム

記事詳細

更新

【社説検証】
(2)拉致 産経「全員帰国の決意新た」 読売 トランプ氏の国連演説「意義は大きい」

記者の囲み取材に応じる家族会の(左から)飯塚繁代表、横田早紀江さん、増元照明さん=2015年7月9日午後、東京都千代田区の内閣府(川口良介撮影) 記者の囲み取材に応じる家族会の(左から)飯塚繁代表、横田早紀江さん、増元照明さん=2015年7月9日午後、東京都千代田区の内閣府(川口良介撮影)

 産経は北朝鮮による日本人拉致を先駆けて報じ、解決を訴え続けてきた。今年の主張でも機会を捉え取り上げている。

 昭和52年11月、当時13歳、中学1年生だった横田めぐみさんが拉致され、今年で40年になる。平成9年2月に産経は、めぐみさんの拉致事件を報じ、その翌月に家族会が結成された。

 家族会結成20年を迎えた3月25日付では「途方もなく長い年月の残酷さに対する怒りを、国民として共有したい」と記し、「被害者の全員帰国は、家族はもとより、国民すべての悲願である。その決意を新たにしたい」「国際社会を巻き込み、北朝鮮への圧力をこれまでになく高めていくときである」と訴えた。

     ■   ■

 トランプ米大統領は9月の国連総会の一般討論演説で北朝鮮の人権侵害を非難し、「日本人の13歳の少女が拉致された」と述べた。米国の大統領が国連の場で拉致問題の非人道性を訴えたのは初めてだ。

 これを受け産経は、トランプ演説に関連して拉致問題を独立して取り上げ「日本政府はこの機を逃さず、拉致問題に決着をつけるべく、全力を傾けてほしい。決着とは、被害者全員の解放、帰国である」と求めた。さらに「拉致問題への理解を高め、より一層の圧力強化で締め上げる以外に、北朝鮮を実のある交渉のテーブルにつかせる道はない」とし、改めて国際社会の強い結束を求めた。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング