産経ニュース

【日曜に書く】震災がつないでくれるもの 論説委員・河村直哉

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
震災がつないでくれるもの 論説委員・河村直哉

 そのジャズバンドを知ったのは1年前。買い物に行った関西地方のスーパーの、オープンカフェだった。偶然の、無料のコンサート。

 立ち止まり、引き込まれ、最後まで聴いた。技といい歌心といい、無料なのが不思議なくらい、質の高い演奏だった。耳になじんだ日本の歌が交えられるのも、魅力だった。

 一角で売られていたCDを買い、折に触れ聴いてきた。

◆人柄にじむ音の輪

 今年も9日、同じスーパーで開かれた。

 OTONOWA(音の輪)という。米国在住の日系4人組。

 ドラムス、アキラ・タナさん。

 サックス、フルート、尺八、マサル・コガさん。

 ピアノ、アート・ヒラハラさん。

 ベース、ノリユキ・ケン・オカダさん。

 タナさんは60代の、他のメンバーは40代の、それぞれ半ばである。

 無料なのに、またしても極上の演奏。

 日本の歌とオリジナル曲で、2時間近く。「赤とんぼ」を情感たっぷりに奏でたかと思うと、「どんぐりころころ」は思い切り軽快な曲となる。

 筆者は今のジャズに詳しくはない。聞けばタナさん、あのサックスの巨匠、ソニー・ロリンズさんのツアーに参加したこともあるという。全員、相当な手だれである。

続きを読む

「ニュース」のランキング