産経ニュース

【主張】原発被災者訴訟 上級審の判断を聞きたい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
原発被災者訴訟 上級審の判断を聞きたい

 東日本大震災に伴う東京電力福島第1原発の事故の被災者が国と東電に損害賠償などを求めた訴訟で、福島地裁は「国は巨大津波の発生を予見でき、事故を回避できた」と指摘し、両者に賠償を命じた。

 約30件ある同種の集団訴訟の3件目の判決で、3月の前橋地裁は国と東電に、9月の千葉地裁は東電だけに賠償を命じていた。

 国について千葉地裁は「津波は予見できたが、事故を防げなかった可能性がある」として賠償責任を認めていなかった。

 国や東電と、原告側の主張は、いずれの訴訟でも大筋で変わらない。地裁ごとに裁判官の判断が割れ続ける現状は混乱を招き、被災者間の分断も生みかねない。

 一連の訴訟は今後、京都、東京、横浜、さいたま、大阪地裁などでもあり、東京高裁などによる上級審の判断がこれに続く。司法の揺らぎを収めるべく、上級審の判断を聞きたい。

 刑事裁判では東電の旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪に問われ、東京地検は2度にわたり「事故の予見や回避は困難だった」と不起訴処分としたが、検察審査会によって強制起訴されている。

 検察当局が認めなかった予見可能性を裁判所が認めるという、いわば「ねじれ判断」である。

続きを読む

「ニュース」のランキング