産経ニュース

【産経抄】被爆体験を聞いた子供たちからの手紙はトラック6台分 10月6日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
被爆体験を聞いた子供たちからの手紙はトラック6台分 10月6日

 ▼ノンフィクション作家の堀川恵子さんは、佐伯さんの生涯と引き取り手のない遺骨の謎を追って『原爆供養塔』(文芸春秋)にまとめた。堀川さんによると、佐伯さんはどこの被爆団体にも属さず、「自分の目で見て、自分の頭で考え、自分の言葉で語るのだという覚悟があった」。佐伯さんの話を聞いた子供たちから寄せられた手紙は、トラック6台分近くにもなる。それを読むのが大きな喜びだった。

 ▼昨日のコラムで、アインシュタイン博士が、相対性理論でノーベル賞を受賞したように受け取れる表現がある。読者からこんな指摘を受けた。受賞は、光電効果に関する業績に対してである。

「ニュース」のランキング