産経ニュース

【主張】ラスベガス乱射 銃規制議論に本腰入れよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
ラスベガス乱射 銃規制議論に本腰入れよ

銃乱射事件の発生した米ラスベガス中心部の目抜き通りで、抱き合って悲しむカップル =2日(AP) 銃乱射事件の発生した米ラスベガス中心部の目抜き通りで、抱き合って悲しむカップル =2日(AP)

 これでも銃規制の議論は進まないのか。米国は基本的な考えを改めるべきである。

 最悪の大惨事だ。米西部ラスベガスの銃乱射事件で死傷者は600人近くに達する。ホテルの32階から野外コンサート会場に向けて、銃弾は無差別に連射された。

 ギャンブル好きの資産家だったとされる容疑者が宿泊していたホテルの部屋や自宅からは、40丁以上の銃器が見つかったという。

 いずれも銃砲店で購入したものとみられ、自動小銃仕様に改造した可能性も指摘されている。

 これは米国が抱える一面の暗部である。トランプ米大統領は国境に壁を築くことで治安を守ると主張しているが、壁の内部にこそ、重大な問題が存在している。

 銃器による悲惨な事件は、毎年のように繰り返されている。

 昨年6月には、フロリダ州オーランドのナイトクラブで男が自動小銃を乱射し、100人以上が死傷した。1992年のハロウィーンには訪問先を間違えただけの日本人留学生が射殺される事件が発生した。2013年には5歳の兄が2歳の妹を誤射し、死亡させた。事件の度に銃規制の必要性が叫ばれるが、議論は遅々として進まない。

続きを読む

このニュースの写真

  • ラスベガス乱射 銃規制議論に本腰入れよ
  • ラスベガス乱射 銃規制議論に本腰入れよ

「ニュース」のランキング