産経ニュース

【オリンピズム】“トビウオ”とその時代(13)泳ぐだけなら、魚に勝てない…五輪でメダルを取るために何が必要か

ニュース コラム

記事詳細

更新

【オリンピズム】
“トビウオ”とその時代(13)泳ぐだけなら、魚に勝てない…五輪でメダルを取るために何が必要か

 選手として五輪と縁遠かった古橋広之進だが、8位に敗れたヘルシンキ大会後も2008年北京五輪まですべての夏季五輪に参加し、日本選手団を支え続けた。裏方として関わるきっかけとなったのが、五輪の翌年2月から年末まで、羊毛取引の資格を取るためにオーストラリアの羊毛学校に留学したことだった。

 当時のオーストラリアは対日感情が非常に悪く、学校のある町に滞在できる状況ではなかったという。朝一番の汽車でメルボルンのホテルから2時間もかけて通学する日々。さらに、オーストラリア水泳連盟の呼びかけでチャリティーレースに出場したところ、元軍人からクレームがつき、一時水泳禁止の処分を受けたこともあった。

 一方で「頼み込まれて田舎の村で模範水泳を披露」した際には、「寒村で簡素なプール。水も決してきれいではなかったが、村人たちには非常に温かく迎えてもらった」ということも。こうしたオーストラリアでの経験を買われ、1956年メルボルン五輪で水泳チームのマネジャーを務めると、これを契機にその後も五輪に関わっていく。

 64年東京五輪の際には、日本選手団の大島鎌吉団長秘書として携わった。さらに、東京五輪で喫した「水泳ニッポン」の惨敗が新たな転機となる。

続きを読む

「ニュース」のランキング