産経ニュース

【蔭山実のスポーツ茶論】スポーツの活性化、社会との関わりに踏み込む

ニュース コラム

記事詳細

更新

【蔭山実のスポーツ茶論】
スポーツの活性化、社会との関わりに踏み込む

 「まるで優勝決定戦のようだった。見に行ければ、よかった」。知人からそんな連絡をもらったのは、9日に開幕した東京六大学野球秋季リーグ戦でのこと。第1週でいきなり対戦することになった早稲田大と明治大の一戦の翌日だった。

 1回戦は明治大が完封勝利、2回戦は早稲田大打線が爆発して大勝。勝負を決する3回戦は息詰まる投手戦で1-1で延長戦に突入した。明治がリードを奪うと早稲田大が追いつく展開で、十回に1点を取り合って2-2。十二回に先攻の明治大が3-2と勝ち越すと、早稲田大の粘りもここまで。決着がついた。

 終わってみると、明治大の先発、斉藤大将投手(4年、桐蔭学園)は1回戦の完封から中1日で十一回途中まで154球を投じ、早稲田大は前日先発で107球を投げた大竹耕太郎投手(4年、済々黌)が連投で六回から60球を投げた。

 両投手とも崩れることなく投げきり、延長に入っても一塁と本塁の間での併殺や本塁上のクロスプレーと互いに死力を尽くした。惜しいのは、この大熱戦を神宮球場で観戦したのが3千人程度だったことだ。

続きを読む

「ニュース」のランキング