産経ニュース

【主張】電気自動車 勝ち残る体制の整備急げ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
電気自動車 勝ち残る体制の整備急げ

 ガソリン車をEVに置き換えるのは容易ではない。搭載するリチウムイオン電池の容量はまだ限られ、1回の充電での走行距離は長くない。販売価格も高く、充電スタンドの設置も課題である。

 それだけに、EVが一気に普及するとみるのは早計だろう。まずは各国の規制動向を見極める必要がある。そのうえで日本勢は水素自動車などとのすみ分けを図りながら、国際競争力を持つEVの商品化を進めるべきだ。

 必要な政府の後押しとしては、エコカー減税の拡充などのほか、電池技術の改良への支援策も講じられるべきだ。地域経済や雇用を支える自動車産業の浮沈は、日本の成長力を左右する。その危機感を持たねばならない。

「ニュース」のランキング