産経ニュース

【目線~読者から】終戦72年「中韓に忖度しても何も改善しない」(8月9~16日)

ニュース コラム

記事詳細

更新

【目線~読者から】
終戦72年「中韓に忖度しても何も改善しない」(8月9~16日)

 「主張の内容はまったくその通りだ。ただ、『自立自尊の国を目指す』という提言も付け加えてほしかった」(横浜市、70歳男性)▽「『近隣では歴史を歪曲(わいきょく)し』とありますが、『歴史を捏造(ねつぞう)し』ではないでしょうか。94歳になる母は大連でいろいろな情報に接する立場でした。旅順工科大学出身の89歳になる知人も多々指摘しています。残された時間は少ない。生き証人の言葉を取材してください」(男性)

 16日付「終戦72年 平和誓う」「陛下、平和への思い深く」など。改めて国に命をささげた人々の御霊(みたま)に哀悼の意を表した主張「だれに『申し訳ない』のか」。「英霊に失礼なテレビ番組に涙が出る思いだったが、主張を読んですっきりした。ありがたかった」(横浜市、70歳男性)。同日付「閣僚の靖国参拝ゼロ 6年ぶり、安倍政権で初」には「情けない。数多くの英霊にあいさつもできないとは。中韓に忖度(そんたく)しても、内閣支持率も対外関係も何も改善しない」(埼玉県、60代男性)(読者サービスグループ)

「ニュース」のランキング