産経ニュース

【別府育郎のスポーツ茶論】9秒台と民族のロマン 桐生や多田に思いを託しても悪くはあるまい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【別府育郎のスポーツ茶論】
9秒台と民族のロマン 桐生や多田に思いを託しても悪くはあるまい

男子400メートルリレー予選で3走の桐生(右)からバトンを受けスタートするケンブリッジ=ロンドン(共同) 男子400メートルリレー予選で3走の桐生(右)からバトンを受けスタートするケンブリッジ=ロンドン(共同)

 サニブラウンは、ガーナ人の父と日本人の母の間で日本に生まれた日本人である。心底、彼を応援している。ここからは少し、書くのが難しい。

 1968年メキシコ五輪で米国のハインズが初めて電動計時で10秒の壁を突破して以来、120人以上の9秒台ランナーが生まれており、そのほとんどがアフリカ系のルーツを持つ。

 サニブラウンやケンブリッジ飛鳥も、このグループに属する。

 アジア記録は現在、カタールのオグノデが持つ9秒93だが、彼はナイジェリア出身で、オイルマネーに国籍を売った選手だ。例外には欧州系でフランスのルメートルと、豪州のジョンソン(先住民族アボリジニとのハーフ)がおり、アジア系では、ロンドン世界陸上でも決勝に進んだ中国の蘇炳添の9秒99がある。

 日本人では1998年に伊東浩司が10秒00、2001年に朝原宣治が10秒02、03年に末続慎吾が10秒03、13年に桐生祥秀が10秒01を記録した。

 夢の9秒台はもはや目前と思われたが、その壁は依然、高く厚いままだ。

                □  □

 1935年6月、甲子園で行われたフィリピン対抗競技大会の100メートルで「暁の超特急」吉岡隆徳は手動計時10秒3の世界タイを記録した。この時、4人中2人の審判員の時計は10秒2で止まっていた。

続きを読む

「ニュース」のランキング