産経ニュース

【ん!?】楽しむ気持ちがあれば、どこでもパラダイス!

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ん!?】
楽しむ気持ちがあれば、どこでもパラダイス!

 週末に伊豆に出かけた。♪伊東に行くなら…というフレーズで知られるあの旅館に1回泊まってみたいと思ったから。予約は4126(よいふろ)の電話じゃなくてネットで済ませたけど。

 迷路みたいになってる館内にまず感激。仲居さんの布団敷きの早業とか、カメが泳ぐ海底温泉に子供大喜び。夕食は大食堂で食べ放題のバイキング。昭和のレジャーがいまも健在なんだなぁ…と感慨深かった。平成生まれの小3の長男は、卓球にハマっていた。温泉で卓球は世代を超えて最強コンビかも。

 知名度ではかなわなくても、味わい深さでは引けを取らない珍スポット「まぼろし博覧会」も訪ねてきた。「キモ可愛(かわい)い」をコンセプトに、目指すは「アホとボケの楽園」というテーマパークである。

 出迎えてくれたのは、緑色の顔をした水着姿の男「セーラちゃん」。思わず引きそうになるところに「よろしくお願いします」と折り目正しく名刺を渡される。見ていると客のもてなし方が抜群。じつは館長にして出版社の社長さんなのだとか。

 展示はこちらも昭和風味。雑誌、玩具、人形、アイドルのポスター、手打ちのパチンコ台…子供のころ「たからばこ」とか持ってたでしょう。あれの拡大版。私的に価値を感じているお宝を、いかに他人に面白く見せるかにチャレンジしているのだが、スケールが破格。廃業した植物園を買い取ったそうで、広大な敷地に、秘宝館系とか、お化け屋敷調とか、独特の濃密な展示空間を展開している。大仏まで鎮座する。好事家の寄贈もあったりして随時増殖中。

 遠くなった昭和を懐かしんでるわけじゃない。時代のズレ具合もネタのひとつ。楽しもうという気持ちとやわらかな感性があれば、どこでもそこがパラダイス。(篠原知存)

「ニュース」のランキング