産経ニュース

【国語逍遥】(87)清湖口敏 「森友学園」をきっかけに汚いイメージが広がった「忖度」の意味 恣意的に歪める「印象操作」をメディアはしていないか?

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥】
(87)清湖口敏 「森友学園」をきっかけに汚いイメージが広がった「忖度」の意味 恣意的に歪める「印象操作」をメディアはしていないか?

 コラムはこうして読者を反政権に駆り立てているのではないかと、私はコラム子の狙いを“忖度”してみたのだが、いかがか。

 そもそも、忖度の語義を「悪いたくらみを…」などと書く辞書はどこにもあるまい。諸橋轍次著『大漢和辞典』は「他人有心…」を示すとともに、「おもひはかる。おしはかる。人の意中を推量する」と載せており、これがもともとの意味(本義)なのだ。「もともとは悪いたくらみを見抜くことを指したのか」とは何を根拠とした御説なのか、全く理解に苦しむ。

 念のため天声人語が引いた石川忠久著『新釈漢文大系』(明治書院)にあたってみると、通釈に「他の人に(悪い)心があれば、私はこれを吟味する」とあった。お分かりだろうか、天声人語は引用に際して「悪い」の前後に付されたパーレン(丸括弧)を外しているのである。

 この詩は政治を混乱させる讒言(ざんげん)について書かれてあり、詩意や前後の文脈に照らして解釈する限りにおいては「他の人の心」が「悪い心」を指すというだけの話なのだ。「忖度」そのものが「悪い」を含意するわけではなく、だから石川氏も「悪い」をわざわざパーレンで囲ったのだろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング