産経ニュース

【産経抄】欧州産チーズという「黒船」襲来 ミルク文化が注目されるのは変革の時代 7月7日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
欧州産チーズという「黒船」襲来 ミルク文化が注目されるのは変革の時代 7月7日

EUとのEPAで、スーパーなどで欧州産の輸入チーズは安くなる見通しだ(横浜市鶴見区のスーパー) EUとのEPAで、スーパーなどで欧州産の輸入チーズは安くなる見通しだ(横浜市鶴見区のスーパー)

 ▼「時代の変革期には、ミルク文化がクローズアップされる」。広野さんは、こんな説も紹介している。初めて文献に現れるのは、「大化の改新」の最中の孝徳天皇の時代だった。いったん消滅した後江戸時代に入って、インドから乳牛を輸入したのは、「享保の改革」を進めた8代将軍、徳川吉宗である。広く庶民が乳製品に親しむようになったのは、「明治維新」に伴う文明開化のおかげだった。もっとも日本人の食文化に定着したといえるのは、先の戦争の後である。

 ▼欧州産チーズという「黒船」が襲来した時、日本はどんな変革の時代を迎えているのか。

このニュースの写真

  • 欧州産チーズという「黒船」襲来 ミルク文化が注目されるのは変革の時代 7月7日

「ニュース」のランキング