産経ニュース

【石平のChina Watch】完全支配体制めざす「党建」 民営にも党組織、逃れるには中国撤退しかない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
完全支配体制めざす「党建」 民営にも党組織、逃れるには中国撤退しかない

演説する中国の習近平国家主席。民営企業にも共産党支配が強まっている=今年5月、北京(AP) 演説する中国の習近平国家主席。民営企業にも共産党支配が強まっている=今年5月、北京(AP)

 最近、中国の会社を畳んで家族とともに外国に移民した親類と会った。

 彼曰(いわ)く、自分が創業した100%の民営企業の中に、地元の政府当局が共産党組織を強制的につくろうとしたため、それが怖くなって、会社を整理して海外に出たという。

 国有企業ならともかく、民営企業の中に「共産党組織を強制的につくる」ということ自体、日本人の読者には理解に苦しむ話であろう。だが、それは、習近平政権がこの数年間、全力を挙げて進めてきた「党建全面カバープロジェクト」の一環なのである。

 ここでの「党建」とは中国共産党の専門用語で、「党組織の建設」を指している。「党建全面カバー」とは要するに、中国国内に存在するすべての機関や企業体、各種の社会団体にあまねく共産党組織をつくり、党組織のネットワークを持って中国社会を完全にカバーする、という意味合いである。

 「党建全面カバープロジェクト」が推進される以前からも、中国の政府機関や国有企業、そして、大学から裁判所までのすべての公共機関には党の組織が厳然と君臨し、日常的に活動している。

続きを読む

「ニュース」のランキング