産経ニュース

【国語逍遥(85)】憲法前文の「に」は間違いなのか 助詞も中身も時代にそぐわず 清湖口敏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【国語逍遥(85)】
憲法前文の「に」は間違いなのか 助詞も中身も時代にそぐわず 清湖口敏

日本国憲法の原本(一部)。「上諭」「副署」に続いて「前文」が記されている=国立公文書館所蔵 日本国憲法の原本(一部)。「上諭」「副署」に続いて「前文」が記されている=国立公文書館所蔵

 動詞には「ニ」に続くものと「ヲ」に続くものとがある。「大声ニ驚く」の「驚く」のように「~ニ」を主とする動詞もあれば、「山ヲ愛する」の「愛する」のように「~ヲ」が基本の動詞もある。ニとヲの両方が使われる動詞もあって例えば、「合格の報(ニ・ヲ)喜ぶ」の「喜ぶ」、「手腕(ニ・ヲ)期待する」の「期待する」、「協力(ニ・ヲ)感謝する」の「感謝する」などがこれに相当する。他にも「触る」「耐える」「配慮する」「欠席する」などがある。

 「信頼する」は、今ではヲに続く動詞とみなされがちだが、近代では「~ニ」の用例も珍しくはなかった。日本国語大辞典は『歩兵操典』(昭和3年)から「自己の銃剣に信頼し最後の勝利を求むることに」を引いている。

 「青空文庫」で検索すると、文芸作品にも「吾人(ごじん)はこれらの方則に信頼して」(方則について/寺田寅彦)、「人が己れの智識に信頼する、是れは人の誇りで」(潮霧(ガス)/有島武郎)、「自分の想像力に信頼しないで」(築地座の『ママ先生』/岸田國士)…と数多くの例がみられる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 憲法前文の「に」は間違いなのか 助詞も中身も時代にそぐわず 清湖口敏
  • 憲法前文の「に」は間違いなのか 助詞も中身も時代にそぐわず 清湖口敏

「ニュース」のランキング