産経ニュース

【日曜に書く】「てづか」な街の鉄腕アトム 論説委員・鹿間孝一 

ニュース コラム

記事詳細

更新

【日曜に書く】
「てづか」な街の鉄腕アトム 論説委員・鹿間孝一 

 米映画「アイ,ロボット」(2004年公開)は、ロボット工学の研究者が殺害され、ロボットに嫌疑がかかる。「人間に危害を加えない」という3原則が組み込まれたロボットが犯人なのか。やがて人間の支配から脱しようとするロボットとの対立が深まり、制御不能の戦闘に発展する。

 手塚さんは3原則を知っていただろうが、ロボットも“性善説”で人間と共存できると考えたようだ。

 アニメ「鉄腕アトム」の最終回は、暴走した太陽によって危機に陥った地球を救うため、アトムがロケットを抱いて太陽に突っ込む。

 むしろ厄介なのは、核やミサイル開発で恫喝(どうかつ)する人間の方である。(しかま こういち)

「ニュース」のランキング