産経ニュース

【石平のChina Watch】見えてきたポスト習近平 背後に胡錦濤派と習近平派の暗闘が…

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
見えてきたポスト習近平 背後に胡錦濤派と習近平派の暗闘が…

「ポスト習近平」レースの有力候補とされる胡春華・広東省党委書記=北京(共同) 「ポスト習近平」レースの有力候補とされる胡春華・広東省党委書記=北京(共同)

 先月12日、中国共産党広東省党委員会機関紙の『南方日報』は1面トップで、習近平国家主席が広東省党委員会・政府の活動に対し「重要指示」を下したと伝えた。

 この「重要指示」の中で、習主席は、第18回党大会以降の広東省党・政府の活動ぶりを「十分に評価」した上で、広東省が今後「小康(いくらかゆとりのある)社会の全面建設」と「社会主義現代化建設の加速化」において「前列に立って走る」ことを期待すると語ったという。

 全国に32の省・自治区・直轄市がある中で、党総書記・国家主席の習氏が広東省にだけ「重要指示」を下したことは異例である。しかも、その指示は、広東省の今までの活動を「十分に評価」し、今後においても全国の「前列に立ってほしい」というような内容であれば、習主席の広東省に対する思い入れの強さを印象づけることにもなろう。

 だが、広東省は習主席が地方勤務時代に関わった地区でもなければ、最近、主席の“子分”がトップとして抜擢(ばってき)された「親藩」としての行政区でもない。ならば彼はなぜ広東省を特別扱いし、多大な期待を寄せたのだろうか。

 注目すべきなのは、現在、広東省のトップである党委書記の任に当たっているのが共青団派の若手ホープ、胡春華氏である点だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング